​寒干ふのり

5FF37E48-513D-446B-85CE-63DD76255B30.png

ふのりは、藻類フノリ科フノリ属の海藻で、食用のほかにも接着剤の糊としても昔から使われてきたものです。その歴史は古く、京都・奈良まで帝へ献上品のひとつとして用いられていました。

ふのりの持つフノランと呼ばれる成分は、ネバっとした舌触りのもとになっています。 フノランは抗酸化作用を持っているといわれます。体の酸化を抑えることは生活習慣病や老化の予防に役立ちます。年を重ねれば重ねるほど、抗酸化作用のある食物をとることで体の機能を正常に保ちやすくなります。日々を健康的に過ごすには、ふのりは有効な食材といえます。